現役合格のために最初にすべき、たった1つのこと

今回は、難関大学に現役合格する秘訣についてお伝えします。

study

合格者と不合格者はいつ差がついている?

様々なサイトに難関大学の合格者と不合格者の勉強時間を比べたデータがあります。
それらに共通しているのは、合格者と不合格者では、勉強時間の差が明確にあることです。
当然といえば当然のことです。
合格者が不合格者より勉強時間が長いのは当たり前のことです。
ただし、高校3年生の時の勉強時間には差があまりありません。
なぜなら、高校3年生の受験生になったら、誰でも勉強するからです。

差がついているのは高校1年生と2年生の時!

現役合格者と不合格者の勉強時間の大きな差の原因は、高校1年生と2年生の時です。
高校1年生だけに注目しても、現役合格者と不合格者では約1ヶ月分の勉強量の差があります。そんな大きな差が、既に高校1年生の終了時点でついているのです。

現役合格の秘訣は高校1年生から始めること!

あなたがまずいちばん最初にやるべきことは、目標勉強時間」を決めることです。
そして、その勉強時間を確実にこなしていけば良いだけです。
これはよくある目標の「模試でA判定をとる!」といった、成績についての目標よりも実行しやすいです。

勉強時間を自分一人で管理できるのか?

とはいえ、自分で決めた目標を自分で達成するには、かなりの気力が必要です。自分でできるなら苦労はしませんよね。。
私たち青山ゼミは、「勉強しやすい」だけではない、「モチベーションが上がる環境」を準備しています。

具体的には、生徒に
「自分の勉強量」
「自分の勉強時間は多いのか、少ないのか」
「科目ごとの時間配分はどうか」
など、勉強時間の分析結果を見せています。

たとえば、現在青山ゼミに在籍している生徒の勉強例です。
生徒の勉強例

この記録がたまっていけば、自分の勉強のクセが分かってきます。
そして、自分自身が「次に何をすべきか」が見えてくるようになります。

「勉強といっても何をしていいのか分からない(←考えるのが面倒なだけ)」
「やってはいるが成績が伸びない(←やっている「つもり」かも)」
こんなことを思ったことがあるなら、青山ゼミで勉強しませんか?二人三脚で勉強しましょう!
私達が難関大学に現役合格するように導きます!

もちろん、勉強するのはあなた自身ですよ!!