国語教師が漢字検定を勧める理由

こんにちは。青山ゼミの大塚です。

漢字検定の季節です。
せっかくなので、漢字検定を受ける良さについてまとめてみました。

日本漢字能力検定

申し込みたいときはこちらをご覧ください。

漢字検定を受ける良さ

先にやっとける

漢字検定を受ける理由の中でもっともシンプルなのは「入試のため」です。
入試の合否判定で有利に働く、というのもありますが、
入試で問題を解けるように漢字の苦手を克服したい、
という考えの人も多いですね。

じゃあ、漢字の勉強はいつするのか…ですが、
入試の直前はムリです。
その時期は、過去問を始めとする実戦演習とそのやり直しがメインです。
漢字が苦手だからといって、直前期に漢字の練習をしている暇はまずありません。

だから、今の時期に、先に受けてしまうべきです。

受験生以外も同様。
先にやっとくと、知っている漢字が多くなるのだから、分かる問題は増えるはずです。
国語に限ったことでもありません。社会の語句など漢字も難しいからですね。
知っとくとそれだけでラクです。

受けることで頭に残すことができる

もちろん、受検するからには合格したいと思うのが普通です。
合格に向けて、がんばりましょう。

ただし、合否結果に深刻になりすぎないようにすべきです。
「合格しなかったらどうしよう」「不合格は受検料のムダだ」など思わないでください。
結果はともかくとして、勉強したことは必ず頭に残ります。

なお、「頭に残る」というのは「はっきり覚えている」というわけではありません。
「意味を知らんけど読める」「読めんけど見たことある」レベルでいいのです。

勉強は繰り返しが大切です。
「見たことある」さえあれば、再びその言葉に出会ったときに「覚え直す」スピードが早くなります。
結果、初めてその言葉を目にした人より定着が早まります。

必ず、のちの入試に活きるのです。
これは断言できます。

すべての科目の勉強ができる

漢字検定と問われる力は、漢字の読み/書きだけではありません。
部首、熟語の構成、対義語、四字熟語…など、様々な知識を問われます。
漢字検定は、漢字の力がつくというより、語彙力がつく良いきっかけです。

ところで、大学入試改革では、「読解力・思考力・表現力」が重視されるようになると言われます。

しかし、です。
・読解力をつけようにも、相手の言っている言葉の意味を知らなければ何もできません。
  計算の練習をしたいのに、演算記号( + ー × ÷ )を知らない状態といっしょです。
・思考力をつけようにも、言葉を知らなければ考えようがありません。
  カレーを作りたくても、材料が無いのと似ています。
・表現力をつけようにも、言葉を知らなければ表現のしようもありません。
  おもちゃを買って欲しいけれど、どうしていいか分からないから泣く子どもと同じです。

このように、読解力とか思考力とか表現力とか言う以前に「語彙力(ボキャブラリー)」が必要です。
語彙力は、すべての科目の基礎となります。

語彙力がつくと、他の教科の教科書が自分で読めるようになったり、自力で解けるような問題が増えたりします。すべての教科の勉強をいっしょにしていると考えれば、非常に効率が良い勉強ですね!

語彙力は、日常生活でしっかりと言葉を使っているかがカギになります。漢字検定が家族での受検を勧めている理由はここです。
漢字検定の勉強が、大きなきっかけとなるでしょう。

パソコン/スマホで変換を正しくできるようになる

現代は、「手書き」が少なくなってきました。この記事もパソコンで書いていますね。
では漢字の勉強は不要か、というと、まったくそんなことはありません。

スマホでもパソコンでもいいのですが、「変換」がありますよね。
いくつか候補がある場合、正しい言葉を選べるでしょうか。

たとえば、この記事でも何回も出てきている「勧める」が良い例です。
今回の記事では、「薦める」ではなく「勧める」が正しいです(調べてみてね!)。
これを自信をもって選べるために、これからの時代でも漢字検定は必要だと確信しています。

受検したい、という人へ

さて、興味を持っていただいた方向けの説明です。

申し込み方法

ここでは、青山ゼミで受検する場合についてお知らせします。

青山ゼミで受検する場合は、まずは大塚までご連絡ください。

大塚のメールアドレス:otsuka@aoyamazemi.jp
青山ゼミ:092-852-7200

外部からの受検希望も大歓迎です。
青山ゼミ生は、まずは希望する受検級を大塚まで言いにおいで!

受けるなら少し難しめを

何級を受けるべき?という人のために。

漢検から、受験級のめやすが出ています。
漢字検定 受検のめやす

私は生徒に、少し難しめの級を勧めています。
地域性もあるのでしょうが、青山ゼミに来ている生徒たちには、漢検が出している級ごとのレベルは少し易しい気がします。

小学生には自分の学年レベルの1つ上を(たとえば、小5の子には5級を)勧めます。
中学受験をする小6には、3級まで勧めることもあります。
青山ゼミの中学受験生が目指すレベルには、当然のように必要です。

中1、2には3級です。
中3には準2級です。本当のことを言えば2級にチャレンジしてほしいです。

高校生は当然2級です。
文系に進みたいなら、準1級も良いと思います。
(なお、2級と準1級の難易度はかなり違うと感じています。2級までは一般生活に必須だと思いますが、準1級より上は専門性が高くなります。1級などむしろ趣味の世界です。)

おわりに

以上です。
受検するメリットが漢検にはたくさんあります!
ぜひ、受けてみてください。