青山ゼミは一人ひとりフォローします!

主に小学生(もちろん中学生も行ってます!)ですが、
土曜日の授業後日曜日(ほぼ終日)は質問対応や今後すべきことなど、
それぞれの目標に向かってフォローを行う時間にしています。

特に受験生である小学6年生には、早くから受験生であることを意識させるために、
四谷のカリキュラムと並行して、中学入試の過去問を毎週の課題として解かせています。

・まだ入試問題を解くのは早いのでは?
・習っていないカリキュラムがあるから難しいのでは?

難しいのは承知の上ですが、取り組むのが早いということは決してありません。
早くから始めてダメなことは1つもありませんし、
むしろ、もっと早くから取り組めば良かったと後悔するより絶対良いです。
そして、万全の準備で入試本番を迎えられるよう、
毎年、志望校の入試問題は20年分を2,3回分解くぐらいの量をこなしています。

習ってないから先に進めないでは何もできません。
習っていないのであれば自ら調べて学べば良いのです。
その為にテキストがあります。それが勉強ではないでしょうか?
そして、算数など自分でどうしてもできない部分は、
質問できるようにこの時間で責任をもって指導します。
小学生にとっては非常に大変だと思いますが、
これほど勉強に向き合えるチャンスはなかなかありません。
だからこそ、中途半端に勉強させないよう、青山ゼミは一人ひとりフォローします!
まだ先は長いけれど、一緒に受験まで頑張りましょう!