久留米附設中学 合格体験記(その2)

久留米附設中学校合格
北村苺子(西新小出身)

久留米附設中学に合格した北村苺子ちゃんの合格体験記です。
小学3年生の頃から教えてきましたが、その頃から算数のセンスは抜群で、
青山ゼミでずっと久留米附設を目指して頑張ってくれました。
受験前にはプレッシャーや成績などで、精神的に心配な時期もありましたが、
結局、全ての受験校の合格を勝ち取ることができましたね!
東京へ一緒に受験をしに行ったことは、先生にとっても良い思い出となりました。
本当にありがとう。そしておめでとうございます。
今後も一緒に頑張りましょう!
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
「中学受験を通じて感じたこと」
私は小学3年生の頃から塾に通い始めました。
私は剣道もやっていたため、すべての授業を受けることができませんでした。
すると青山ゼミの久保先生は、私専用のスケジュールを作成してくれました。
学期ごと、春期講習、夏期講習、冬期講習の全てでスケジュールを作成してもらえたので、
剣道を小学6年生の11月まで続けながら、中学受験をすることができました。
そして、中学受験を通じて感じたことをお伝えします。

★早くからやること!
小学5年生の2月に、久保先生からいきなり入試問題を宿題にされました。

(青山ゼミより補足:
青山ゼミは、学年の変わり目を2月としています。
福岡の子どもたちが受験する中学入試はほとんどが1月で終わるので、
新しい受験生にとって、2月からのスタートで「残り1年」となります。)

最初は「なぜこんなに早くから?」と思っていましたが、今となっては分かります。
合格できたのは、早くから入試問題に取り組んだからだと思っています。

入試問題を解くと、初めは自信を持つことができませんでした。
私は理科が特に苦手で、「知らないよそんなの!」という知識がたくさんありました。
でも、解いていくうちに「前も見たことある!」とか、「同じ解き方ができそうだ!」
というものが少しずつ増えてきて、自信を持てるようになりました。
私は、久留米附設中学校の入試問題以外にも、たくさんの中学校の問題を解きました。
いっぱいやりすぎて覚えていません!
(久保先生に聞いてみたら13校でした。)
こんなにたくさんの学校の入試問題を解いたからこそ、
「前も見たことある!」「同じ解き方ができそうだ!」と慣れたのだと思います。

★油断したら絶対にだめ!
受験勉強で特に心に残っているのは、塾長の授業である地理・公民でやっていた小テストです。
答え合わせの時に採点ミスをしてはダメ、というルールでした。
よく緊張する私は、小テストを解くよりも、答え合わせをすることに緊張していました。
おかげで、緊張することに少し慣れた気がします。
私は一時期飛び級をしていたので、この小テストを他の人の倍解いています。
何回も繰り返し行っていたので頭に入っていきました。
入試問題の社会も、点数は上がっていきました。
点数を少しずつ取れるようになったことで、もっと社会を頑張ろう、そして、
他の教科も頑張ろうと思うことができました。

★絶対に諦めないこと!
今だから話せますが、受験を辞めようと思ったことも、何回もありました。
そんなときも、親はもちろん、青山ゼミの先生や、周りの人たちが支えてくれたおかげで、
最後まで「受験しよう、チャレンジしよう」と思いつづけることができました。
入試まであと100日を切ったころに、附設に受かりたいという気持ちが
前よりも強くなりました。
当たり前ですが、久留米附設中学校に合格することができたのは、
諦めなかったからだと思います。

12月と1月は、受験まで最後に残されたチャンスだったため、
朝から夜まで塾で勉強しました。元旦も大晦日も塾に行ったのは、人生で初めてです。

★受験本番で緊張するのは当たり前!
入試本番は、とても緊張しました。誰もがそうだと思います。
しかし、あれだけの問題をこなした私は「大丈夫」と自分に言い聞かせて
問題を解き進めていきました。
問題を解いているうちに、緊張しなくなっていきました。
大塚先生から、受験直前に「もし本番に緊張しても、目の前の問題を読むことだけを考えると、
だんだん緊張しなくなってくる」と教えていただきました。
本番で本当にそのとおりだったので、落ち着くこともできましたし、自信にもなりました。

これが、私が中学受験で感じたことです。
これからも、青山ゼミで学んだことを生かして、頑張っていきます。
ありがとうございました!