県外受験の厳しさ

tasuku
國學院高校合格
成城高校合格
東京都立戸山高校合格
中川路 資(原北中)

このたび、東京都立戸山高校に合格した、原北中学校3年の中川路 資と申します。私は県外受験をしたのですが、ゼミの先生たちは、東京の高校の情報を色々調べてくださったり、学校ごとの出題傾向に合わせた入試対策をしてくださったりと、本当に親身になって私のことを応援してくれました。

その御礼もかねて、今から受験をする後輩たちに、私が経験した県外受験のことについて、ここに書き残しておこうと思います。特に首都圏受験をする予定の後輩がいたら参考にしてください。

私は中学2年生の冬休みの時に青山ゼミに入塾しました。それまでは部活との両立が難しいと思い、塾には行っていませんでした。しかし、高校受験のことも考えるともう始めなければならないと思い、入塾しようと決心しました。本音を言うと、最初は知っている人もいなくてとても不安でした。また、今まで体験したこともないような厳しい日程と時間割に翻弄されてとてもつらかったです。しかし、春のキャンプなどを通して先生方や友達と仲良くなり、ゼミのペースにも慣れ、すこし余裕が生まれると段々とゼミでの生活を楽しめるようになりました。部活が終わると、ほぼ毎日ゼミに通って受験に向けてがんばってきました。

私は父の転勤のため、東京都の高校を受験しました。県外受験をするのは、前から決まってはいたのですが、ただ単に受験する場所が変わるだけのものだと簡単に考えていました。しかし実際には、県外受験はもっと難しいものだということを、過去問を解いて思い知らされました。

受験する高校によって違うとは思いますが、私が受けた都立高校の過去問を解いての印象を3教科(国・数・英)についてまとめると、
国語:文章が長い。漢字の書き取りが難しい。
数学:難問が多く時間が足りない。
特に日比谷・西・戸山などトップ校の独自問題は、記述式(途中の式・説明など)や作図の問題が出題される。
英語:長文が長く、ペース配分が難しい、ということです。

福岡の高校と比べると、確実にミスせずに解くことに加えて、どの教科も応用の要素をもつ問題がとても多かったです。特に数学の記述式問題は、福岡では出題例が少なく、慣れることに苦労しました。また、英語の長文ではスピードをつけていないと太刀打ちできませんでした。

この過去問を解いていく中で、「失敗したな。」と思うのは、長文を読むスピードを早くから上げられるように努力しなかったことです。

長文の読むスピードは、入試前1週間や2週間で仕上げられるものではありません。実際に本番の入試でも、長文を読み終えることのできないこともありました。だから、早くから読むスピードについては、長文問題を決めた時間内に読む練習をする、などの対策をとるべきだと思います。

私は私立4校、都立1校の合計5校を受験しました。どの高校も問題は難しく大変でした。その中でも特に受験の難しさを痛感したのは、私立城北高校を受けた時です。城北高校は問題が難しく、それに加えて合格者平均点も高い、とてもレベルの高い高校で、自分が受ける高校の中で挑戦校という位置にありました。

過去問では、英語の長文の長さに負け、いつも点を落としてしまい、平均点に届いていませんでした。しかし、なんと当日。英語が予想以上に解けたのです。長文もすべて読みきることができ、最高のスタートを切ることができました。国語も普段通りに問題を解き、完全に合格ペースでした。後は過去問では調子の良かった数学をミスせずに解くだけということになりました。「ここまで来れば。」と少し気を抜いた瞬間、大きな落とし穴が待っていました。今まで調子の良かった数学がまったく解けなかったのです。

試験が終わり、なぜ解けなかったのかを自分で分析してみました。

城北高校は、3教科各60分のテストで、量も多いため、強い集中力が必要でした。過去問を解いていた時には、テストとテストの間に好きなだけ休憩がとれます。しかし本番では、休憩は20分と決まっているのです。その20分の中で気を抜いてしまえば再び集中力を取り戻す時間はありません。結局、私は休憩時間に集中を切らしたために、この高校は不合格となってしまいました。

実際、後で解き直しをしてみると解けたという問題も少なくありませんでした。このとき私は、塾長先生から「受験は最初から最後まで絶対に気を抜いてはいけない。」と言われ続けていた意味を思い返し、必ず本命の都立戸山高校の受験までこの悔しさを忘れないことを、誓いました。

先ほども述べましたが、都立の戸山高校は国語・数学・英語で独自問題が出ます。もちろん難易度が高い問題なので、私立入試後はこの3教科を主に勉強しました。東京では私立入試の約10日後に都立入試があります。(私は私立入試が2月12日に終わり、都立入試は2月23日でした。)だから、私立が終わったことでホッとせずに、すぐに都立入試に向けて勉強を始めました。

そして、私は第一志望の都立戸山高校に最終的に合格しました。城北高校の借りを返すぞという気持ちを最後まで持てたことが良かったと思います。

受かったり落ちたり色々なことがあったけれど、最後に合格できてとてもうれしかったです。でもその裏には、夜遅くまで勉強を教えてくださったゼミの先生方の熱意があったことを私は忘れません。私一人のために、東京の受験対策をしてくださりました。だから、戸山高校合格が決まったときに、真っ先にゼミの先生に連絡しました。大手塾だったら、一人のためにここまで対策してもらえたかどうかわからないな、と思うと、ゼミは本当にいい塾だな、とますます青山ゼミが好きになりました。

また私のために東京の情報を調べてくれたり、飛行機の予約をしたりしてくれた家族、そしていつも励まし支えてくれた友達など、色々な人達の支えがありました。本当にありがとうございました。感謝の気持ちを忘れずに、高校でも青山ゼミで学んだことを生かして、がんばっていきたいです。また福岡に来ることがあったら、ゼミに遊びに来たいと思います。後輩の皆さんもがんばってください。