青山ゼミは四谷大塚の提携塾です。

青山ゼミは、四谷大塚の提携塾です。
中学受験に必要な、「教材」や「テスト」、「入試情報」といった教育サービスを
取り入れて日々の学習指導を行っております。
>>詳しくは、四谷大塚YTネットのページを御覧ください。

 

予習シリーズ

授業では、「予習シリーズ」というテキストを使用しています。
この教材は、中学受験を乗り越えるのに必要な内容が全て含まれており、
もし、予習シリーズが100%理解できるのであれば、久留米附設やラ・サールといった、
九州の難関校の入試が簡単に感じるほど充実しています。
また、受験のテクニックを「詰め込む」だけの教材とは違い、
受験に必要な、「思考力」「発想力」を身につけることがしっかりとできる教材です。
>>予習シリーズについて(←クリック)

 

週テスト

ただ学習するだけでは、知識や思考力の定着しません。
なぜなら、アウトプットがないからです。
スポーツと同じで、練習を頑張れば、「自分がどれくらい力がついたのか知りたい!」
と思うはずです。そして、全国のライバルと競争して、失敗や苦手な部分を知ることで、
飛躍的に学力はつきます。

そこで、毎週土曜日に、その1週間で学習した内容を確認するための「週テスト」を
実施しています。
また、「予習シリーズ」のカリキュラムは5週に一度「組分けテスト」というテストが
実施され、それまでに学んだ4週間分の復習を行います。
学習内容を繰り返すことで、知識を確実に定着させます。

>>週テストについて(←クリック)

 

コースについて

この組分けテストによって自分の成績が今、どれくらいなのかが分かります。
コースは全部で4コース(4年生は3コース)、難易度の高い方から、
Sコース・Cコース・Bコース・Aコースに分かれています。

そして4つの各コースには、学力レベルに応じて「Cコースの5組」などのように
組が決められています。ちなみに最難関が「Sコースの1組」です。

Sコースは1組〜6組
Cコースは1組〜12組
Bコースは1組〜20組
Aコースは1組〜21組

つまり、四谷大塚の会員の生徒たちは学力に応じて約60の組に分かれています。
また「組分けテスト」は、全国のライバルたちと入試本番のように学力の競争ができます。
私立中学校を受験する全国の小学生の中での自分が正確に分かります。

灘・開成・麻布といった難関校であれば、Sコースは必須です。
九州の難関校である、ラ・サールや久留米附設であれば、Cコースの上位の組、
西南や大濠などはBコース以上が目安です。
高校受験で修猷館高校を目指している小学生にとってもSコースやCコース以上の学力があれば安心できます。