受験は算数で決まる。

受験は算数で決まる!といわれるほど、重要な科目です。
算数の取り組みの差が受験の合否に大きく左右します。
そのため、青山ゼミでは、1週間の授業数は算数が一番多く、
他の教科より倍以上の時間をとっています。

では、なぜ重要なのか?
これは決して、私が算数の先生だから教えている教科をアピールしているわけではありません。

算数の配点が高い

算数が必須科目であるのはもちろんですが、
中学入試では、算数の配点が他の教科よりも高い学校が多いです。上の表を見る限りでは、算数と国語の2教科を重視している学校がほとんどである
ことがわかります。どちらも配点が高いので国語も大事なのですが、、、。
次の表を見て下さい。合格している子どもたちは、算数で大きく点数差をつけていることがわかります。
配点が高く、かつ、点数の差が開きやすい算数は、やはり受験の合否に一番影響を
与える教科といえます。

 

特別算数について

算数を鍛えるためには、
・問題をたくさん解く
・考える時間を増やす
私はこの2点だと考えています。

青山ゼミでは、算数の成績をしっかり伸ばすために、
毎週水曜日と金曜日(のどちらかに来てもらっています。)に「特別算数」という授業を
行っています。
その日は、子どもたちのレベルや受験校に応じて解かせる問題を決め、
ひたすら算数をさせます。

算数は、取り組んでから成果を出すのに時間がかかる科目です。
特に、中学入試の算数は、単純に公式の暗記や計算力のみでは太刀打ちできません。
非常に思考力が求められます。
みなさんは、この三角形の面積が瞬時に解けますか?
方程式もsin(サイン)、cos(コサイン)、tan(タンジェント)も使えない小学生が
解きます。しかも、瞬時に解法を発見しなければならないので、発想力も重要です。

例えば、算数の宿題を出しても、解けなければ前に進むことができません。
解答を見て分かれば良いですが、それはなかなか難しいですね。
なので、集中して算数を教えます。
ですが、1から10まで教えるつもりはありません。全て教えてしまうと、分かったという気に
なるだけで、おそらく次の日には解き方を忘れていると思います。
少しずつヒントを与えて、最後には自分で答えを求め、
「できた!」という感覚を生徒には身につけてもらうようにしています。