ロボパ

こんにちは。
青山ゼミの久保です。

先日のロボットパークについてのブログです。
参加した生徒のみなさんありがとうございました。
あまりロボットに触れることはできませんでしたが、
ロボットの魅力が十分に伝わる内容で、大人でも楽しめるイベントでした。
img_7546会場は、子供たちが主役になるように、中央に子供たちが座って左右のイスで保護者の方が講演を聞くといった配置になっていました。img_7527
講演をしていただいた先生は、ロボットの製作者である、
千葉工業大学の未来ロボット技術研究センター長の古田貴之先生ですが、
古田先生は私と子どもへの接し方が似ていて親近感がわきました。笑img_7543
まもなく開演というところで、ゼミの生徒が座っていたところの横へ一人の男性が現れました。
そのスーツを着た身長の高い男性は、何人かの生徒の隣に座って話かけていたので、
「変な人が会場にいるな〜」と不審に思っていたのですが、
実はその方が古田先生でした。笑img_7533img_7538古田先生はとても有名な方で、福島原発の廃炉を探索できるロボットを開発したり、ILY-A(アイリーエー)と呼ばれる、目的に沿って4つの形に変形することができる未来の乗り物を作ったり、様々なロボットを開発しています。是非、古田先生のことを調べてみて下さい。
公演中は子どもの足や手に怪我をさせないように、靴を脱いでいたり、子どもたち一人ひとりに名刺を渡してくれたりと本当に優しい方でした。とても人柄の良い方で、私は一瞬でファンになりました。(^^)img_7549img_7548最後は芝田くんが取材を受けていて翌朝の新聞に載ってました。拓ちゃん良かったね!(^^)img_7550
また、古田先生主催のイベントがあれば、子どもたちを連れて参加したいと思います。
img_7540