修猷館高校 合格体験記「ブレーキをかけないこと!」

こんにちは。青山ゼミの大塚です。
修猷館高校に合格し、現在通っている前場凜さんが、合格体験記を書いてくれました。
中学生のときは部活動でもリーダーをしながら、高い志望校を目指すという目標を持ち、それを実現できた生徒のひとりです。
正直申し上げて、入塾当初から修猷館高校に合格できる実力を持っていたわけではありません。自分の力で勝ち取ってくれました。
ぜひ、ご一読ください。

ここから前場さんの文章です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ブレーキをかけないこと!」
私は中学3年生の4月に青山ゼミに入塾しました。
青山ゼミを選んだ理由は、部活との両立ができ、先生方がしっかりと生徒1人ひとりに向き合ってくれるような環境だったからです。
私はテニス部の部長をしていたので、部活を途中で抜けて塾に行くのは嫌でした。しかし、青山ゼミは授業が20時15分からだったので、部活を最後までやり遂げることができました。さらに、中総体前は炎天下の中での練習の後ゼミに通っていたので、精神的にも肉体的にもかなりきつかったのですが、ゼミの先生方はそんな私に励ましの言葉をたくさんかけてくださり頑張ることができました。

中総体が終わってからは本格的に受験勉強を始め、夏休みは朝から夜遅くまで青山ゼミで勉強し、苦手な分野を1つずつ潰していきました。
その中で、私が最も時間を費やしたのは「ミスノート」の作成です。このノートは過去問やテストなどで間違えた問題やそれに関することを書き留める、自分専用の特別なノートです。間違えた問題をミスノートに書き、少しでも時間があるときに眺めていると、同じ問題を間違えることがほとんどなくなりました。また、多くの間違いをミスノートに書き留めることにより、同じ問題を間違えたことに気づき、自分の弱点を知ることにも役立ちました。
私にとってこのミスノートは、本当に必要不可欠な存在でした。

公立高校を目指している人たちに向けて今1番伝えたいことは、「私立入試に合格したからといって、絶対に気を抜いてはいけない」ということです。塾長が常日頃このことを言ってくださっていたので私は大丈夫でしたが、私立入試が終わったからといってモチベーションが下がり、結局公立高校に合格することができなかった学校の友達を何人も見ました。
私立高校の合格は高校生になれることが決まります。本人はそのつもりがなくても、モチベーションが下がってしまいます。だからこそ、私立入試に合格しても「ブレーキをかけずに」最後まで走り抜けることを意識してください。

私が今、毎朝門をくぐっている修猷館高校は自由な校風であるとよく言われますが、それだけでなく、数え切れないほど多くの魅力がこの学校には詰まっています。こんな素敵な学校に導いてくださった青山ゼミの先生方にはただただ感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

今から受験を控えている皆さんも、青山ゼミの先生方を信じ、努力を惜しまなければ必ず志望校に合格できると思います。最後の最後まで夢を追い続け、がんばってください。ブレーキをかけないこと!です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合格体験記のページには、青山ゼミの成功体験が満載です。
ぜひ、ご覧ください!