鯖江

青山ゼミの青木です。
ちょっとうれしいことがあったのでブログを書かせていただきます。
タイトルの「鯖江」についてです。

鯖江(さばえ)、福井県の都市です。人口6万8,000人の福井県第4位の市です。
メガネフレームの国内シェアは96%で世界シェアでも約20%を鯖江市が占めています。
皆さんのメガネが日本製だったら、そのメガネのフレームは「鯖江」で作られた可能性が非常に高いです。
img01
Back Camera
なぜブログに「鯖江」を書くのか不思議に思われると思います。

この「鯖江」が先週土曜日に行われた早稲田佐賀高校入試で社会の試験に出題されました。

じつは早稲田佐賀の入試の直前で「鯖江」の説明をしていました。
そのことがピシャリ出題されて、ゼミの受験生も皆「鯖江」を回答することができて喜んでくれました。
塾の先生として、「これは入試で出るな」と思ったことが予想通り入試で出題されると大変うれしいものです。

もう一つこの場を借りてお伝えしたいことがあります。
この「鯖江」がメガネフレーム製造で有名なことは、小学生の学習内容です。

ビックリされる方もいらっしゃると思いますが、「鯖江」がメガネフレーム製造で有名なことを、青山ゼミでは小学4・5年生の地理の授業で教えています。

もちろん小学生と言っても、四谷大塚のレベルを勉強している小学生です。
中学生に授業をしていて強く思うことは、小学生のうちにもっとたくさんのハイレベルなことを勉強させたいということです。この「鯖江」が出題されたことでも強く思いました。
ぜひ「あとで後悔しない」ために小学4年生から四谷大塚レベルの勉強を始めてください。

「早く始めようと思っていたけど出来なかった。」と言われる保護者や生徒をよく見受けます。
人生は「考える(思う)こと」と「行動すること」の2つのことで成り立っていると言われます。
ぜひ「考える(思う)こと」だけでなく「行動すること」ができるようになりたいものです。