H28年度公立高校入試 志願状況

こんにちは。青山ゼミの大塚です。

今年も福岡県教育委員会より、公立入試の志願状況が出ました。

まだ志願変更期間中ですので、確定ではありませんが、青山ゼミが位置する第6学区を中心に、簡単な表にしてみました。また確定後に更新します。

H28倍率

近年と比較すると、修猷館高校は、ここ2・3年の倍率が下がっていっています。去年の実質倍率(推薦内定者の数字を除いた上で倍率を再計算したもの)は1.71でした。今年は定員が440名と40名増える年ですのでその影響もあります。ただし、志願変更期間後は志願者が増える可能性も大きいですね。
逆に城南高校普通科の倍率は上がっていっています。ただ、理数科が今年はかなり倍率を下げました。志願変更期間後にはまた変化がありそうです。

ちなみに、昨年の志願状況はこちら

毎年同じことを言っていますが、この数字を見たからと言って合否に影響するわけではありません。問題が簡単になるわけでも、難しくなるわけでもありません。
しかし、知らないよりは知っておいたほうがいいのは事実です。今まで過去問の演習で対策を練ってきたのと同様、情報は多いのに越したことはないですね。

さて、今年はこれから、この数字を生徒に見せます。
悲喜交々、いろんな表情が見れます。
この数字を頭の片隅にいれながら、ラストスパートをかけていきます!