小学生対象の英語の授業、間もなく開講!

こんにちは、
青山ゼミの木下です。
この度、青山ゼミでは小学生向けの英語の授業を開講致します。

小学校を卒業し中学生になる時に、「うちの子は英会話を習っていたから英語は得意なんですよ。英検も持っているし…。」と、中学生になってからの英語は大丈夫だろうと思われているお母様をよく見かけます。しかし、そのようなお子さんは初歩的な英会話が出来ても、
①単語のスペルを書けない。
②中学生の文法問題が全く解けない。
などが見受けられました。今まで英語に自信を持っていた反面、今までの経験が活かせずにショックを受ける生徒もいました。

原因としては、文法の説明を日本語で教えてもらっていないなどが挙げられます。そのため、中途半端な英会話を習うくらいなら止めて欲しいとお母様にお願いした事例もありました。

このような良くない事例が起きないように、ゼミでは英会話と文法をきちんと教える英語の授業を行います。つまり、巷でよくある英会話だけの授業ではなく、中学生以上で習う文法問題の演習も行い、高校入試の英語の問題が解けるようになるための力を身につける授業を行います。

私自身の経験をお話しします。
私は、小学生のときにインターナショナルスクールへ通っていました。そこでは英語ネイティブの友達ができ、授業や遊びを通して、生の英語とその発音に触れてきました。このことは、中学高校でのリスニングテストではもちろん、今でも非常に役に立っています。
そのインターナショナルスクールでは、文法の授業もあったのですが、英語ネイティブの生徒が多いために、授業がすべて英語でした。流石にすべてを理解しきれなかったことを覚えています。英語が嫌いになることはなかったですが、この授業が日本語であったなら…と思うことはありました。

これらの経験から、今度は私が英語を教える立場として、新しい小学生向け英語の授業をご提案いたします。

今、大学入試改革による過渡期であるとはいえ、中学校や高校の英語は、どうしても文法がメインになりがちです。この学校のシステムは、言語学として英語を学ぶためにはかなり体系化されたものであり、これ自体が悪いわけではないと私は思っています。しかし、やはり話す/聞くことに関しては弱くなってしまうのが現状です。

そこで、青山ゼミの小学生向け英語の授業では、インターナショナルスクールや英会話教室さんで行われるような話す/聞く能力を鍛える授業をするとともに、中学高校で必須である文法の授業を、日本語で行います。
このスタイルは、中学生ほど文法の習得を急がなくて良く、ある程度日本語の文法に触れたことのある小学校高学年だからこその授業になります。

生の英語に触れさせつつ、日本語で文法の授業を確実に行っていく。これが、青山ゼミの小学生向け英語の方針です。

・対象学年
小学5年生、6年生(4年生以下はご相談下さい。)
・授業日時
毎週月曜日17時10分〜18時50分
・お月謝
8,640円(税込)/月

開講日は、8月28日(月)です。

ご希望の方は、青山ゼミ(092-852-7200)までご連絡ください。